チャレンジドジャパン
人事担当役員


ーーチャレンジドジャパンが求める人材像とはどのようなものでしょうか?

弊社は、支援員から管理職まで、各等級に求められる要件を明確に示しています。この等級要件がいわゆる求める人材像と言えると思います。
およそ20項目から成るこの等級要件は、大原則である企業理念「すべての人が役割を持ち、認め合える社会へ」というビジョンを前提に、各等級に必要と思われる姿勢、スキルを一つ一つ絞り出しながら定義したものです。


人事担当役員2

ーー具体的にはどのような項目があるのでしょうか?

社内で大多数を占める支援員の等級要件は、例えば「相手の目線で考えることができる」「誠実でうそをつかない」「まずはやってみようと肯定的に思考・行動している」といった取り組み姿勢に関する項目があります。
「何だ、そんなことか」「当たり前のことばかりだ」と思われるかもしれませんが、実は一つひとつとても難しいことです。長く企業人として働いていると、いつの間にか見失ってしまいがちなものでもあります。私たちはこうした基本的な姿勢を非常に大切にしていますし、大切にできる方を採用したいと考えています。
項目を設定するにあたり、私たちが行動する時に大切にしている「相手を理解し、認めること」「広い視野と柔軟な思考を持つこと」「常に挑戦する心を持つこと」の3つの要素を散りばめています。


人事担当役員3

ーー「常に挑戦する心を持つこと」ということで、自由度の高い職場でしょうか?

先述の通り、各等級には、求められる要件が決まっています。さらに言えば、やるべき業務がはっきりしており、業務に関するマニュアルもシステムで一元管理されています。これらの基本を蔑ろにして新たな取り組みをすることはできませんので、「基本が窮屈だ」と思われる方には、最初は少々堅苦しい職場に思えるかも知れません。 弊社に入社される方は、福祉を専門に学んできた学生や、福祉分野の仕事をしてきた人ばかりではありません。業界未経験で入社される方、他業種からの転職で入社される方もおりますが、そういった方が即戦力として活躍できるような体制を取っています。
基本をしっかりと抑えた上で、顧客満足を高めるための改善策を提案して頂くことになります。


人事担当役員4

ーーどのような人と一緒に働きたいですか?

弊社は、障がいのある方の就労支援を通じて、「すべての人が役割を持ち、認め合える社会」を目指しています。「働く」ことは「役割を持つ」ことの一つと言えるからです。
私たちは、障がいがある方の「働く」を支援するのと同時に、正に自分たちも働いています。まずは働く私たちが、自分自身の役割をしっかりと認識し、与えられた役割に感謝し、その役割を果たしながら、互いを尊重し、認め合えている状態でなければならないと考えます。この価値観を共有できる方と一緒に働きたいと考えています。


 


チャレンジドジャパン チャレンジドジャパン